辛い時に聞いて欲しい洋楽 外国の曲主に洋楽がよくYouTubeにフルで上がっていますが

辛い時に聞いて欲しい洋楽。外国の曲主に洋楽がよくYouTubeにフルで上がっていますが、なぜ日本のアーティストの邦楽は上がっていないものが多いのですか?
有名な外国のアーティストの曲はpvだとかが高音質高画質であるのに、日本の楽曲はフルで載っていることはほとんど見たことがありません。
著作権の関係なのでしょうか、、?
あと、外国のライブはよくお客さんが携帯で動画を撮りながら盛り上がっているのに対し、日本ではほぼ撮影禁止な気がします。もしかしたら自分の知識不足で知らないだけかもしれません
詳しい方教えてください!権利者次第ですね。公式チャンネルのものは、権利者が積極的に公開したいと思っている。誰かが勝手に上げたのもは、権利者がチェックしていない。洋楽も、VEVO など公式チャンネルから上がってるのが多いんじゃないですか?外国?日本で比較されいますが、外国ってくくりにしちゃうと絶対数が外国の方が比較にならないくらい多いじゃないですか。>ライブの撮影日本でも撮影OKのライブが増えて来ています。撮影OKのライブの流行は、海外から始まったので、日本が後から追従しているのは確かですが。
結局は「法律の解釈と、運用手法」が違っているのです。海外の場合「著作権管理者」が、絶対的な権利を持てない「法律」が、ありましてフランスなどは、かなり「極端」でしてなんと「パロディを、保護する法律」が、あります。ですから、書店に行くと「本家と、パロディが並んで売っている」というスゴイ状態なのです。そういう点では「日本は、法的な整備」が非常に遅れているのです。「楽曲を動画の素材」に、利用すると「レーベルの制限」が、強すぎて「投稿できない」のです。つまり「権利と、権限の分離」という、ものなのですが例えば、本を買うと「所有権」は、買った人に移りますが「著作権は、著作権管理者」が持っている状態です。実は「動画」も、これと基本構造は「同じ」なんです。ですから「ゲーム」などの「第三者コンテンツ」でもそこで「収益化」を、利用した場合「投稿者」が「収益を、受け取れる」という、事になります。なぜならば「動画の所有権」は「投稿者が、持っている」から、そのような「収益のシェア」が、可能になるのです。
著作権意識の差tibatto09の様な底辺が海外に比べて少ないで日本は音楽を世界で最も高単価で購買する為、無償公開すると売り上げが大暴落してしまう事をメーカが把握してる為。
海外の方が進んでいる様に見えますが世界一のレコード市場だった北米市場は無償公開のやり過ぎで売り上げ低下率が日本以上の為にレコード会社が所属アーティストを雇い続けられない為大量にリストラし続けて居る真っ最中です。
違法ダウンロードや無償公開を否定する歌手テイラー?スウィフトが世界一収入があるアーティスト、違法動画を積極的に削除するメーカが売り上げ上位陣常連、反対に違法動画を削除しないメーカばかり倒産するのが現実です。
もともと、商売の仕方が日本 シングルだしてからアルバム→ライブツアーアメリカ アルバム出してからシングルシングルカット→長~いライブツアー という違いが有りこの商売の手順上、アメリカではシングル曲というのは、アルバムの販促商品、サンプルみたいな位置づけが有ります。だから、シングルは普通に公式なアップロードでいくらでも鑑賞できるようにしてある。実際それを反映している形で、日本でも洋楽の国内盤って今となってはシングルはほとんど売ってないですよね。アメリカでは、シングルはアルバムの販促商品だし、アルバムはライブの販促商品なのです。日本はなんかそこが曖昧な感じって言うか、一番重要な消費者世代はシングル派が多くて、シングルチャートがアイドルだらけなのに比較すると、アルバムチャートはそうでもない。シングルそれ自体が利益を稼いでくれないと困る重要な商品ということ。だからただできちんとストリーミングさせるわけにはいかない。もっとも、AKB48なんかは割ときちんとアップロードしてありますね。youtubeストリーミングしても特典はついてこないですからね。
辛い時に聞いて欲しい洋楽。頑張れ 頑張らないと だけではなくて 泣いてもいいんだよって思える時も必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です