猫が猫好きを呼ぶのか 人の目についてふと思ったのですがネコなどの野生動物って夜

猫が猫好きを呼ぶのか。人の目についてふと思ったのですが.
ネコなどの野生動物って夜、光を反射して目が光っていますよね
テレビとかで見る限り、犬やクマ、猿なんかも目が光っているようです
では、人間の目ってなぜ光らないのでしょう?
また、なぜ光らない目に進化したんでしょうか
中学校で理科の先生に聞いてみたんですが分からないらしいので
詳しい方、教えてください。お願いします
もし人の目が光らないということ自体間違いの様でしたらすみません。
あと、できればでよいのですが、なぜ野生動物の目が光るのか、その仕組みも教えていただけると嬉しいですお二人とも、回答ありがとうございます。
より詳しく説明して下さったのでベストアンサーに選ばさせていただきます。
まさに生命の神秘ですね.
野生動物はより獲物が無防備な夜に狩りができるように進化して言ったんでしょうね、何とも面白いことをかんがえつくものです。
中坊の疑問に答えてくださり、ありがとうございました。
ネコの目には網膜の後ろにタペタムという反射板が付いているからなのです。網膜の視神経を刺激しながら入ってきた光を反射し、網膜に返すことで、わずかな光を2倍にして、暗いところでも鮮明に見えるようになっています。
?ネコなどの野生動物って夜、光を反射して目が光っていますよね。テレビとかで見る限り、犬やクマ、猿なんかも目が光っているようです。●日本語では「輝板きばん」と訳されていますが、いわゆる「タペタム」のことです。説明も難しいのですが、視神経円板の背側部の血管板と脈絡毛細血管板の間に存在する構造物を言います。輝板は、細胞性輝板と繊維性輝板に分類されます。?人間の目ってなぜ光らないのでしょう?●人間には、輝板がありません。?なぜ光らない目に進化したんでしょうか?●人間には、元々輝板がありません。?もし人の目が光らないということ自体間違いの様でしたらすみません。●間違いではありません。?なぜ野生動物の目が光るのか、その仕組みも教えていただけると嬉しいです●前述の細胞性輝板は、輝板細胞が網膜面と平行に層板上に積み重なった構造物であり、食肉類や原猿類にあります。一方、線維性輝板は少数の線維芽細胞を含む膠原線維層からなる構造物であり、有蹄類や鯨類にあります。これらは、網膜を通過した光線の内、網膜最外層の色素上皮細胞および脈絡膜に吸収されず、タペタムに達したものはここで反射して再び網膜の視神経を刺激します。この反射が他から見ると、光って見えるのです。良い解説ではないかも知れませんが、ものを見るに当たり、1回ではなく2回見るので、よりよく見えるようになると考えられます。
猫が猫好きを呼ぶのか。. という猫を守る運動を表した言葉です。 . から、車の持ち主さんに連絡してくれるのではないかと思ったからです。 . 電話を切った後、ふと見上げると2人の男性がいました。 . たかが猫、そして不審な私のために、さっきまで他人だった人たちが.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です