旅館業法とは 旅行業法違反ですか 同じ法人で3つの部門があり同じ建物の中

旅館業法とは。旅行業法違反ですか?同じ法人で3つの部門があり、同じ建物の中に受付窓口を3つに分けて業務を行っています。
①の部門はJATA正会員の旅行会社部門②大人を対象とした教養を高める部門読書サークル、歴史クラスなど③子供を対象にした部門勉強や英会話を教える部門この度③の部門が、夏休みに普段着ていない子供も誘ってキャンプに行くことになりました。誰が来るかわかりません。必要経費は頂きます。旅行業の営業所登録をしていない③の部門がキャンプに行く子供を集めたら、旅行業に抵触しますか?③で企画し、①で受付を行えば問題ないと思いますが、③で受付をしたらアウトですか?アドバイスをお願いします。詳しい説明ありがとうございます。大まかなルールは理解できますが、この場合は、あの場合はと聞かれるとわからなくなります。どうしてもと言うときは、お国の役所に確認するのが間違いないですね。ホントおめでとうございました。
①の部門に旅行業務取扱管理者が選任されていますが、その管理者が③の部門でも管理が及んでいれば、問題無いかと。完全に職場などが分断されていたりすれば問題でしょうね。企画?実施の件も同様かと。①と③が実質一体なら問題無いでしょうが、①と③が分断されていたりすれば、旅行業の登録上は「営業所」単位で行いますので、問題あるかと。①③を包含する、例えば本社というような概念で営業所登録しているなら問題無いでしょうが、①、③が例えば事業部各部門長が別で①の事業部で登録していれば、やはり③で旅行業務を行うのはおかしいと判断されると思います。このあたりは、旅行業登録の段階で確認したりしますから、登録実務担当する運輸局に確認されてはどうですか?
旅館業法とは。. 民泊を始めるためには絶対に知っておかなければいけない「旅館業法」とはどういったものなのかを、制定された理由や旅館業施行令などの . 旅行業施行令にもホテル営業と同じように定義されているのですが、特に以下の2点が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です