彼が天理教です 天理教の方のみに質問です私は祖母からの代の天理教の三代目

彼が天理教です。天理教の方のみに質問です
私は祖母からの代の、天理教の三代目です。
天理教ではない人と結婚し、一子を授かりましたが、主人は発達障害だと分かり、分かった半年後に癇癪を起こして出て行きました。
この度離婚が合意に至り、子供の為にも今一度結婚を考え直して居ます。
次は、お道の方と結婚したいです。
母子家庭でも、天理教はお嫁に行けますでしょうか…
そして、どうしたら結婚が出来るのか知りたいです。
私の身情が原因で、後継者とは結婚が難しいのですが、30代のお見合いなどありますでしょうか?
そして、発達障害の主人と出会って私は何を学ぶべきだったのか、どんな因縁なのか教えて下さい。
※他宗教からの誹謗中傷や、無宗教のネットの情報のみで天理教を勘違いしていらっしゃる方からの関係のないコメントは、通報させて頂きます。ありがとうございます。
世話部の存在を存じ上げませんでしたので、お二方ともベストアンサーにしたいのですが、お礼を申し上げるチャンスがないのでこちらのアンサーをベストアンサーにさせて頂きますm_ _m
主人に愛されていた事にあぐらをかき、女として慎みが足りなかったと思います。反省し、前向きにやり直す様に生きてみます。
お二人とも、ありがたいお話をありがとうございました。
お若いですし、後継者や現役の会長さんとの縁談も諦めてはいけません!お若い頃から熱心に信仰してらっしゃる貴女を見捨てるようなケチな神様ではないと思います。神様はその人に合った試練をお与え下さり、それをどう通るかをじっと見守って下さいます。お子さんの事ですが心配無用かと。教会は子供の笑い声が無いと活気も無いものです。どの教会も少子高齢化で大変なんです。私は母子家庭ではないですがお道の人と結婚しました。夫は会長です。天理教では超晩婚ではありますが笑私の場合はよろず相談所病院世話部で婚活しました。詰所や教会にポスターがあると思いますが、世話部は天理教の結婚相談所です。初代の私は高齢でして、しかも病気で子宮を摘出。貴女よりもかなり悪条件でした。結婚は未信者だった独身時代からアウト?オブ?眼中でひたすらキャリアウーマンを貫くつもりでしたが体力的に力尽き、病後は無職のまま地元のパワースポットの神社仏閣を観光しつつ宗教や哲学に興味を持ち、研究しながら体調を回復させていました。そんな時、理の親さんに修養科を薦められました。修養科中、回廊の手すりを拭きつつ歩きながら何気に中庭を見ると結婚式の写真撮影をしているのを何度か見ました。その時は自分なんか無関係と思ってました。何せ未婚で高齢で子宮も無いただのオバチャンです。そんな光景もいつの間にか忘れてしまいました。家に帰ると日常生活に追われました。しかし毎年大祭だけはお参りに行きました。ある年、所属の教会長さんからよろず相談所世話部に申し込みしてみたらどうかと言われました。断る理由が無いので申し込みしたところ今の夫との縁談がまとまりました。その時、その瞬間の咄嗟の判断ですが、どうせ私なんか無理等と疑わず、ご縁があるならとひねくれ者の私としては珍しく素直に返事をした記憶があります。今思いますと、あれが“旬”だったのではと思います。神様はその時々に決断をする場を用意して下さいます。色々考えて判断する事もあるし、限界値に達するまで八方手を尽くしてもそれ以上どうする事も出来ない事態になる場合は結果がどうなっても神様にお任せするしかないと、ただひらすらお祈りする事もありました。前者は人間思案のどまん中ですから失敗する例が多いです笑。後者も上手くいく事もあれば失敗する事もあります。結果的にそれぞれの事象で一喜一憂ではありますが、失敗?成功どちらも結構なのだと気が付くと天理教の信者として生きる事は有難いし、面白く楽しい事もあると感じました。他人の話ではリアリティが無いので自分の体験を一部フェイクを交えて書き込みました。おぢばに帰られる事があるならよろず相談所病院世話部に申し込みするのもよいですよ。貴女と貴女のお子様のご多幸をお祈り致します。
ありがたいお話をありがとうございます。
神様にもたれて生活をしておりますが、たまに人間思案が顔を出します。
私は、別れた主人に感謝をしなさいと言われまして、毎日の日参で心で出来ない感謝を口では言っている状態でした。「今は心からは無理だと思う、それでもしないよりマシだよ」と会長様から言われましたので…
しかし、離婚が合意に至る日に日参へ行きましたが、不思議と主人に心からありがとうと感謝が出来たのです。
突然乳飲み子置いて出て行かれて、病気とは言えなかなか理解が出来ませんでした。悲しみは怒りを生み、我が子の将来を案じてしまう日々でした。
何か、閃くように素直になられたお話に、気持ちが少し似ていると思いました。私も、離婚が決まったあの時が旬だったのですね。
おぢばには今月に帰りますので、世話部の方に申し込んでみます。
素晴らしいお話をありがとうございます ;;
娘と頑張って、前向きに生きます!
詳しくは私のブログをみてもらえれば「私の問題。」かんたんにいうと私25才で未婚の母天理教とは30歳ころ付き合っていた男性が教会の後継者でその人と別れたけどネットでであった教会の信者になりすましてその後鬱を発症住み込みでご守護をいただきフェイスブックで天理教関係の方とやり取りしていたところ今の主人とであい結婚今教会の奥さんしてますなぜ身上で教会が無理なのか…よければフェイスブックはじめたらお道の独身者のつどい探してみてください私管理人ですお道の方との出会いを求めてる方おおいですよ前のご主人とのこと結婚とは前世でのいんねんもあるかとおもいますあなたたちが今世で前世の借りを返し終わったのではないでしょうかただお子様は元ご主人との子です元の婚家の御霊様方にお子様のご守護とかいのってみるのもいいかもしれませんね私は宗派違うけど私の連れ子のために御霊舎を拝するときウエンムエンイッサイショウリョウと唱えます
彼が天理教です。21歳、女です!彼氏本人から聞いたわけではないのですが、彼氏の母親曰く、「家は天理教なのさー」と言っていました。自分で色々調べてみたのですが、 . 私だけ不参加…だと、色々言われたりするのではないか? と今から不安です。 私は昔から、無宗教だったので、 今更、何かを信仰したりなど、少し億劫だな… . 質問者さんの家族にまでお布施や寄付等を強制される可能性は無いんじゃないかと思います。 . しかし、もし、 天理教の方が亡くなった場合、 . あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です