介護で閉ざされる未来 将来の親の介護について 私には1人娘がいます

介護で閉ざされる未来。将来の親の介護について。私には1人娘がいます。まだ未就園児ですし、私の両親もまだ現役です。いつかは実両親、義両親の介護の問題に直面する日がくると思います。私達が金銭負担を
すると、私たちの老後を自分の娘に頼らないといけなくなるので義両親、実両親とも金銭的負担はせず週1?2回は家に行って世話をする。義両親は借金があるので年金?借金=生活費となると思います。私の両親は借金はないですが国民年金なので額は少ないと思うのですが貯蓄は多少あるとは聞いているので年金+貯蓄=生活費になると思います。そのぶんのお金で食事等やりくりしてあげる。質素な食事等になるとは思いますが生命の維持はできるかと思います。お互い兄弟もいるので、週5日は誰かしらが家にいけるようにはなると思います。市の行政等に相談しながらになるんでしょうか?介護が全く想像もつきません。
みなさんありがとうございます!やはり、まだまだ先のことを今から心配するのは良くないですね!どうなるかなんて、誰もわからないですもんね!気持ちが軽くなりました!ありがとうございます!普通の感覚の人であれば誰でも立ち向かわなくてはいけない問題です。世の中には自分でやるのと人に依頼するのと選択肢があります。専門職の人に頼めば当然ながら費用負担が発生します。自分でやれば24時間つきっきりで場合によっては共倒れしてしまいます。介護は非常に難しい問題です。介護の事を考えられるのは意識がはっきりしている今のうちです。いざと言う時には入居までには〇人待ち!実際に頭を悩まされるのはタイミングって話です。介護に関してだけは早すぎる相談は一切ないと思いますよ。私はいつもいつも常日頃から考えています。しかし古代的な業界なので順番待ちが一番のネックです。私が唯一オススメできるサイトがこれです。介護相談できる環境を整えてみました!早目の相談が功を奏します
私の両親は将来のためにとコツコツ財産を蓄えました。結果、80代の母には現在わずかに不動産所得があります。父は他界
認知症で徘徊があり施設にいますが、民間なので月額25万を超えます。年金とわずかな不動産所得では足りません。
切り崩した遺産も底が見えてきて、退所しなければならないかもしれません。
その施設にいる人のほとんどは、生活保護受給者です。
その人たちは、最期までお金の心配をせずに施設にいられます。
水を差すようですが、こんな理不尽なことが起こるのが現実です。
いっそ成るように成ると割り切る方がいいのかもしれませんよ。
私としては悔しいけれど。
質問者様が感じていることは、重要な視点だと思います。高齢者が介護が必要になったときに、その費用を年金収入だけでは対応できないという心配はあると思います。日本の年金制度が、高齢者介護に対応できていないのです。■市の行政等に相談しながらになるんでしょうか?介護が全く想像もつきません。 今では高齢者介護に関しては市役所に具体的な期待はできないと思います。2000年4月から介護保険制度がスタートして、ケアマネ介護事業所などに所属のケアマネですが計画をするということになっています。それ以前は、市役所のケースワーカーが、個々の高齢者への処遇を実施していましたが、今では、市役所は個々の対応には消極的です。■いつかは実両親、義両親の介護の問題に直面する日がくると思います。私達が金銭負担を すると、私たちの老後を自分の娘に頼らないといけなくなる。同感です。まだ、お若いので、未来はどうなるかわからないと思いますが、将来は高齢化が、さらに進行して、国の財政も厳しくなります。公的な福祉給付は期待しないほうがよいかもしれません。老後に、お子様には頼れなくて、有料老人ホームに入渠すれば、月平均で二十数万円の費用負担の例が多いのです。格安で10万くらいですですから、やっぱり貯金は、お勧めです。■義両親は借金があるので年金?借金=生活費となると思います。介護が全く想像もつきません。義両親のどちらかが、要介護状態になって、ループホームや有料老人ホームに入渠するような場合には、〔お金〕のことは、気になるのではと思います。もしも特別養護老人ホームに入所できれば、ラッキーなことでして、本人の所得に応じた自己負担ですから、低所得者は自己負担は少額で利用できるはずです。しかし特別養護老人ホームは先般のニュースでも言っていましたが、待機者が数十万人もいます。そのようなわけで、グループホームや有料老人ホームに入居する人々が多いのですが、グループホームや有料老人ホームでは利用者の全面的な負担なのです。認可保育所が満杯なために、無認可保育所をやむおえず利用すると、高額な自己負担になってしまうのと似ているのです。—–そのような場合、年金額だけでは、ホームの費用を負担できないとしたら、両親や質問者様が気乗りするかどうかわかりませんが、お勧めの方法は、生活保護かもしれません。私は、年金制度が、高齢者介護に対応できていないのですから、状況次第では、生活保護を活用することは、やむおえないと思います。。ザックリと言って、『施設の月額の費用』と『本人の年金の月額』の差額を生活保護で活用できるということです。注意点としては、そのような制度?マニュアルがあるということではなくて、いくらか、わかりにくいテクニック裏技,?????なのです。生活保護制度と有料老人ホームのシステムを組み合わせて活用するのです。アイスクリームと『天ぷら』は、異なる食物ですが、組み合わせれば、『アイスクリームの天ぷら』が作れるのと似ています。——充分なアドバイスができなかったかもしれませんが、参考になれば幸いです。
今から悩んでも仕方ないのは確かなことですが
備えておくことはできるはずです。
在宅介護はひとりでこなすのは無理です
地域包括支援センターや周りの人たちが力になってきますよ
参考になるか分かりませんがあるブログを見つけました!
見てみるといいかもしれません!
義両親は借金があるので年金?借金=生活費となると思います。 私の両親は借金はないですが国民年金なので額は少ないと思うのですがまさにその状況にあり、義母は引き取り同居してます。実父は要介護3で認知もあり、現在老健実母は一人分の国民年金で生活中義母は要介護1をもらってデイサービスを週5利用して、それでほぼ年金が消えます。医療費や光熱費、家での食費などはうちの持ち出しです。実父は老健費用で年金から月5万ほど持ち出しですが、実家の貯金で補ってます。実母は田舎の持家なので、老人会のグランドゴルフや日帰り温泉で楽しみつつ衣食も年金で賄ってます。義母の場合、年金が少ないので介護費用の上限があって、上限を超えた分は市から補助金がでます。世帯分離すれば、所得の低いお年寄りにはいろいろ補助金がでますから、子世帯の持ち出しはある程度おさえることができます。子供も成人して自立するのでそれほど心配はいりませんよ。心配してもどうしようもないので、達観することが必要ですね。
どうにもならない将来について心配していると精神疾患などの病気になる確率が高くなるので全く想像もつきませんならなるべる考えない方がいい今までの介護に関して分かっている範囲で、金額も含めて制度改定が3年ごとに行われます、現状で考えても将来は別の制度に変更されるので答えは絶対でない介護施設職員や地域包括の現場も変更に振り回されれることが多々あります現在介護にかかわっている人たちでも将来は全く想像もつきません病気になりたいのでもない限り無駄です
介護で閉ざされる未来。少子化や核家族化?ひとり親家庭の増加などにより、介護を子や孫に頼らざるを得ないケースが増えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です