アンチ日蓮正宗?オフィシャルブログ 日蓮正宗御信徒の貴方に質問です

アンチ日蓮正宗?オフィシャルブログ。日蓮正宗御信徒の貴方に質問です。
————–引用ここから日蓮正宗の執拗な折伏に根負けして法華講となり、二年目のものです。あなた、頭少しおかしくないですか。宗教なんてものは、大方、歪曲で形成されているのは周知のことですよね。その中でも日蓮正宗は、群を抜いて嘘で塗り固められている、というのがあなたの考えですよね。このような場合、そのような宗教宗派には目をくれないのが普通なのですよ。なぜなら、「くだらない」からです。 この一言ですよ。日蓮正宗が巨大組織であったら、話は別でしょうが、そうではないでしょう。このような零細宗派を話題にすること自体、あなたは矛盾していますよ。————–引用ここまで このような場合、そのような宗教宗派には目をくれないのが普通なのですよ。なぜなら、「くだらない」からです。 この一言ですよ。日蓮正宗が何故「目もくれず無視され」ないで、最近非難されるのかお分かりでは無いようです。弱小組織の日蓮正宗が、近年批判殺到なのは、他宗の悪口を言っているからです。これは他宗には陰口に聞こえています。日蓮宗から見ても陰口です。あなた方は上代とは異なり、法論はしていません。他宗批判を自宗の中で信者に「何何宗はこうでああだから邪教だ」と吹聴しているから、世間はそう見るのです。不惜身命と、矢面に立ち、正々堂々と僧侶が宗教批判すれば良いのです。当然足を掬われぬよう、日頃の僧侶の行動は模範的でなければなりません。政治家が糾弾されるのは人の上にある立場なのに欠点が目立つからです。上に立つ者は欠点を見せてはいけないのです。あなた方日蓮正宗の僧侶が社会的模範で、あらゆる弾圧に屈せず、それこそサウジアラビアに布教に行って殉教とまで行かなくても、それで強制送還されて帰ってきたなら、日蓮系諸宗は一目置くと思いますね。僧侶は影でこそこそ他宗の悪口をいい、矢面には責任を持たない信者が立っているのでは、誰も信用しないのです。日蓮宗の百日大荒行を馬鹿にしたところで、末法無戒に託けた日蓮正宗の生臭坊主が何を言うか、としか誰も思いませんw弱小教団だから放っておいて貰いたいなら、他宗の悪口を辞めるしかありません。或いは、誰もが納得するだけの判断材料を揃え、日蓮正宗が清廉潔白と認められていないかぎりは無理なのです。でも、あなた方日蓮正宗の僧侶の素行は我々他宗の僧侶とは次元が違います。貴方はこれらの問題についてどう思いますか?
日蓮正宗には非公認のごっこ大学富士学林大学があるそうです。他宗を謗法と言って排斥してしまうから学術的な交流が乏しく、研究結果は偏って当然です日蓮聖人ご自身が当時天台宗だった實相寺の宝蔵に入り一切経を通読されていますが、宝蔵に入るに当たって謗法だなどと言っているでしょうか、そんなことを言ったら一切経見せてくれませんね。一方日蓮宗はじめ他宗は、身延山大学、立正大学、高野山大学、大正大学、上智大学、駒澤大学など宗教系大学の交流は多く、研究も頻繁であって日蓮正宗の恣意性に比べればまさに月と鼈、そこには天と地ほどの開きがあることは言うまでもありません。
この質問は、さんに回答をリクエストしました。> 不惜身命と、矢面に立ち、正々堂々と僧侶が宗教批判すれば良いのです。> あなた方日蓮正宗の僧侶が社会的模範で、あらゆる弾圧に屈せず、それこそサウジアラビアに布教に行って殉教とまで行かなくても、それで強制送還されて帰ってきたなら、日蓮系諸宗は一目置くと思いますね。ええ、その通りでしょうね。この知恵袋に在住する法華講員も内心では大方そのように考えるのではありませんか。でも、そのような正論は日蓮正宗内では異端としてかたずけられてしまうでしょうね。かの宗の僧侶の特色として、まず自分たちの身を切る努力をしないという事。第二に、コラボレーションということをしない人種であること、が挙げられるでしょう。自分たちも信徒と共に泥をかぶり、また必要なら身を切り、仏法を興隆してゆく、ということはないのです。特権階級に安住しているのですよ。 アゴで信徒へ命令を下し、隷属させることが本務なのでしょうね。この世では、いろいろな立場の人が協力し合わないと大事は実現しないのは自明の理なのです。しかし、彼らは「コラボ」ということは間違ってもしないと思います。つまりね、「オール日蓮正宗で」ということは、不可能であることを感じます。なぜなら、僧侶は特権階級だと誤認しているからですよ。> 僧侶は影でこそこそ他宗の悪口をいい、矢面には責任を持たない信者が立っているのでは、誰も信用しないのです。あなたも無茶なことを言いますよね笑。そのようなことは、土台無理な注文です。あの rsd37264氏がかつて述べられていたことをかみしめるべきですよ。以下はrad氏の の時点での発言です。「あの有名な日蓮宗 VS 日蓮正宗の『小樽問答』でも、日蓮正宗の坊さん達は震え上がって逃げていたそうですな。本来なら僧侶が堂々と亙り合って勝敗を決すべき法論の場に、坊さんは逃げ隠れして、信徒任せにするような無様な真似をするのは日蓮正宗くらいのものだろう。」この記述の下に、「一つは他宗の教義教学を打ち破ろうと思えば、現代仏教学が明らかにした最新の学術的な成果と対峙せざるおえず、日蓮正宗には他宗派の大学立正大学?東洋大学?大正大学等や創価学会の東洋哲学研究所のような研究機関を持っておらず、対処の仕様がないからだと見られています。」とも述べています。 また、カルト教団は、その構成員を一人前のカルト兵士に仕立てる必要があります。その有効な手段が、信徒への折伏強制ですよ。「社会心理学の研究が示したところによれば、自己の信念を他人へ売りこむ努力ほど、その人の信念を固めるものはない。新メンバーにそれをさせることが、カルトの人格を急速に結晶させるのである。」 スティーヴ?ハッサン『マインド?コントロールの恐怖』P137?P138ということです。> 弱小教団だから放っておいて貰いたいなら、他宗の悪口を辞めるしかありません。いえ、弱小教団だから「放っておいて」ということではないのですよ。弱小教団でも、例えば「霊感商法」まがいのことがあるなら、これは社会問題化すべきでしょう。しかし、そのようなことは浮上しておらず、あえて認知度の低い日蓮正宗について云云することは意味がないのでは、ということだったのです。しかし、あの質問者の人が法華講員よりしつこい勧誘を受けていた、というなら話は別です。ただ、文面からそのような事も感じられなかったので、あのような返信となった次第です。
でも、そのような正論は日蓮正宗内では異端としてかたずけられてしまうでしょうね。そうだろうと思います。宗教団体は企業同様に中央集権が普通ですから仕方ない所もありますが、聞いている限り日蓮正宗のは異常です。 特権階級に安住しているのですよ。 アゴで信徒へ命令を下し、隷属させることが本務なのでしょうね。尊敬されるような人徳の僧侶は自然と敬われます。「僧侶を敬いなさい」などと自ら口にするようでは、たかが知れた人格でしょう。 「あの有名な日蓮宗 VS 日蓮正宗の『小樽問答』でも、日蓮正宗の坊さん達は震え上がって逃げていたそうですな。かの小樽法論は創価学会が一切を仕切っていますが、日蓮正宗は「僧侶を出そうとしたら創価学会に取られた」ようなことを言ってますよ。どこまでも汚い生臭坊主です。
>自分たちも信徒と共に泥をかぶり、また必要なら身を切り、仏法を興隆してゆく、ということはないのです。>特権階級に安住しているのですよ。 アゴで信徒へ命令を下し、隷属させることが本務なのでしょうね。>この世では、いろいろな立場の人が協力し合わないと大事は実現しないのは自明の理なのです。>しかし、彼らは「コラボ」ということは間違ってもしないと思います。>つまりね、「オール日蓮正宗で」ということは、不可能であることを感じます。>なぜなら、僧侶は特権階級だと誤認しているからですよ。で、入講2年目のtounoshotよ、■「つまりね、「オール日蓮正宗で」ということは、不可能であることを感じます。」ってんだろ?なんで今だに法華講員でいるんだ?オマエの言うてることは完全なる自己矛盾だーな。てか、「特権階級」って笑、ナニ僻んでだ?笑てかな、オマエは仏法の本質を理解しとらんのよ。この仏法は徳を積むのも、罪業を積むのも総て自分持ちなんよ。「僧侶は特権階級で信徒の上に胡坐かいて」ってか?笑いいんだよ、大聖人から観て宗門御僧侶は内弟子であり、我ら信徒からすれば大聖人の御名代の師匠なんだからよ。法華講員になった、ということは、その師匠の日蓮正宗就中、宗門に弟子入りしたてことだ。世間でも弟子入りして師弟関係の厳しい業界はあるわな。その弟子入りした彼らが「師匠はなんもせんと顎でコキ使って」ってホザク連中は大成もせんし、ドロップアウトするのが関の山。弟子は師匠の言う通りにするのが日蓮正宗の信心であることは、興尊が仰せられるとおりだーな?●『御かうしうら講衆等しこんいこ自今以後においてへんは偏頗ありてしやう人聖人のほうもん法門にきす疵つけ給ヒ候な。なを猶/\このほうもん法門ハしてし師弟子をたゝし正してほとけ仏になり候。してし師弟子たにもちか違い候ヘハおなし同じほくゑ法華をたも持ちまい進らせて候へとも、むけんちこく無間地獄におち堕ち候也。』それを大聖人の後世の弟子方と信徒の立場である己らを対等同等と思ってるから「特権階級」だの「身を切らん」だのと僻み根性がもたげてくるんだ。では訊くが、大聖人が発迹顕本の佐後に於いて、御自ら佐前同様に折伏して歩かれてたか?ん?オマエのロジックは御在世当時の身延の草庵で法主兼御住職であられたその佐後の大聖人を掴まえて?■「アンタ大聖人、折伏しろって言うだけで自分ではしないじゃねえか!」■「僧侶って〝特権階級?でいいよなぁー!」と悪口誹謗罵倒してるも同然笑?佐後の大聖人の御振舞は、草庵にて弟子檀那達に対する御手紙諸御抄を御認め御述作に追われる傍らで、弟子檀那からの御目通り且つ、御教示、その合間を縫って弟子檀那に対して曼荼羅御本尊授与が中心で、殆どが草庵で過ごされ、時には草庵での法論の御対応をなされておられた。だーから俺はネカマに?>まず日蓮正宗は坊さんが全然表に出てきません。それはオマエのトコ日蓮宗のほうだろが大笑い法論する気があるなら正式に日蓮正宗に申し込めってなっ^^?それが出来ねえ身延坊主ドモなら、金輪際、オマエも日蓮正宗に対してアホ満開な瞋恚の怨念発狂するんじゃねえよ?てか、顕本のサイトにダマされておきながらドノ口がワメク?^嘲^?オマエんトコのこのクソ坊主に言えや^^?この未潅頂在家コスプレボンズこのコイツなっ?このバ管長のコイツ??—————————–とな??てかよ、オマエは御僧侶方に対して偉っそうに言うほど「身を切って」のかえ?ん?外弟子のオマエが大して「身を切っ」とらんくせに、内弟子の宗門御僧侶方にガタガタ発狂する資格なんざ皆無だわ。再度言うが、オマエは仏法の本質を理解しとらんのよ。この仏法は徳を積むのも、罪業を積むのも総て自分持ちなんよ。師匠の御住職が「そうせえ」と仰られるのであれば、それは法脈の上で弟子の我々に対して言われてること。その通りにすれば良いことで、それによって、我ら信徒は、仏道修行をさせて戴けるのであるし、且つ、徳を積むことでもあるし、それ即ち、己を磨くことでもある。これに対して師匠の御僧侶方御住職方がどうであろうがそのことと、我々が徳を積む、罪業を積むということに一切関係ない。また、オマエが在籍した寺院の御住職と因縁があって、オマエはその寺院に在籍している法華講員に折伏されて入信入講している。そういうことを全く理解してねえから、創価脳ならではの僻み俗根性が頭をもたげて「特権階級」だのなんだのとホザクに至るんだオマエは。仏法に対しても、御本仏に対しても、御僧侶方に対しても、加えて己の立場、というものに対しても完全に心得違いをしてんだわ。そしてその入講先の寺院にオマエは在籍した、ということは、そこの寺院に於いて、また、手続ぎの師匠の御住職や支部講員という環境に於いて、仏道修行していく、というオマエの因縁である。それが判らんので「特権階級」「ヤラサレてる」「顎で使われる」と思ってるのであれば、日蓮正宗から出てけばいいだろ?先にも言ったが罪業積むのも自分持ちの自己責任。ま、尤もぉ~、オマエは人師の論がダイスキで、ちょくちょく引用しているが、創価脳思考の発想だーわ。次いでだ、ネカマ笑>誰もが納得するだけの判断材料を揃え、日蓮正宗が清廉潔白と認められていないかぎりは無理なのです。ぷっ。俺はオマエから身延の本尊雑乱について正当たることを大聖人の文証を以て言い訳した話、全く聞いたことがねえが爆大体が、他宗を破折対象にしているにも拘らず、※汝只正理を以て前とすべし別して人の多きを以て本とすることなかれと仰せられ、且つ、法華経を依文としている大聖人を掴まえて?■「近年の考古学的研究によって五時八教説や三時説は歴史的に否定されています。これにより、末法思想や法華経以前の教えを爾前教と言うことも考え直さなければならなくなったのです。要するに、法華経のみが正しいとは言えなくなったのです。ひいては、日蓮聖人にも間違いがある証拠です。」などとワメクに至っては、脳乱の極みだーな爆笑大体がこの「近年の考古学的研究」てのは、他宗が中核を為す連中で構成されたものだろが笑そこに恣意的な見解があると考えるが普通だし、ましてや、それを鵜呑みにして「宗祖」と仰ぐ「日蓮聖人」が依経とされた法華経に対しても罵倒するに至るとはいやはや、脳乱ドコんの騒ぎじゃねえわな大爆笑そもそも、通称仏教界の研究に参加してる奴がこの知恵袋に参加しているが、ソイツ曰く、「法華経は中国で作られたが有力」趣意らしいが、あくまでそれは他宗にとって都合が悪い無量義経の「四十余年未顕真実」や、法華経方便品の「正直捨方便但説無常道」の経文箇所を否定せんがためにコジツケて「そういうことにしたい」という希望的願望を「見解」にしてるにすぎねえわ。その他宗を中核とする仏教界に認められることに嬉々としている日蓮宗は、完全に大聖人を裏切った、大聖人とは無関係の邪宗だーな大爆笑てかよ、身延久遠寺の未潅頂在家コスプレボンズのバ管長に教団名から「日蓮」という御名を外させてから俺らにモノ言えや、ばーか^^?コイツに言えコイツに爆?わかったな?嗤う
アンチ日蓮正宗?オフィシャルブログ。正式名「アンチ日蓮正宗?アンチ創価学会?アンチ顕正会?正信会」略称名「アンチ日蓮 正宗」です . 宗創和合時代は日蓮正宗信徒?創価学会員を間接支配しかできなかった日蓮正宗寺院住職 日蓮正宗と創価学会は2002年1 . 慧妙」は日蓮正宗の機関紙ではなく、「創価新報」は創価学会の機関紙ではない 「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31 日、本尊?教義以外の問題は和解している」— . アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「 国際カルト宗教対策委員会」に「かぜカルト宗教規制立法が必要なのか」との質問が寄せ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です